ツーバイフォー工法

2インチ×4インチの大きさの材料を基準として、規格の大きさ数種類の組み合わせで、家の骨組みを構成したもの。ツーバーフォー工法は俗称で、正式には「枠組み壁工法」と呼ぶ

木造住宅などで母屋、大引を支える部材

束石

床下に一定の間隔で、床の目方を地盤に伝えるため束を設ける。この束から建物の目方を地盤に伝える目的の石のこと

継手

機械部品をつなぎ合わせるもの

繋ぎ梁

鉄筋コンクリートの独立基礎の不同沈下を防ぐ目的で、基礎相互を連結する梁

壷掘り

独立基礎などで、基礎ごとに必要な寸法だけをに掘る根切りのこと