ダイヤフラム

鉄骨造の柱梁等の接合部の応力伝達を担っており、仕口の剛性を高めるために設ける鋼板のこと。感温膨張弁なと各種の弁や、ポンプなどの部品に用いられる

耐震診断

既存建物の耐震性の判定を、想定される地震に対する安全性(耐震性)、受ける被害の程度を判断すること

耐震性能

地震に対して建物が耐えられるかどうかの安全性の指標

耐力

骨組や構造部材が外力に対して、破壊せずに耐えられる最大の力

耐力壁

建築物において、地震、風圧による水平力、建物自重・積載荷重などの鉛直力に抵抗する能力を持つ壁のこと

建端

建物の高さを表すときに使う現代用語