層間変形角

地震時に対する建物の水平変位を階高で割った値のこと。

造作

建築物で定型の住設機器や建材を使わずに、特別に作る事を指します。 木工事において、骨組が完成したあとに施される内外の木工事全般のこと。

総掘り

柱下・基礎梁下及び床下の区別なく、土工事で建物の前面にわたって根切りすること。 「べた掘り」ともいう。

添え柱

柱の脇に添えられた小柱。木造在来工法で方杖を設けた場合に柱の補強としてよく使われます。

ソーラーハウス

給湯、暖房、冷房に太陽熱を利用した家。大きく分けると①パッシブ型・②太陽光発電型・③会員企業・④割増融資 の4種類があります。