リノベーションとは?リフォームとの違いやメリット・注意点について!

はじめに

こんにちは。KOMOREBINOOKのアユです!

本日のテーマは「リノベーション」
ここでは、リノベーションとリフォームの違いやリノベーションのメリットと注意点、そして最後に、KOMOREBINOOKが手掛けたリノベーションの事例をご紹介していきます!

【今回の記事はこんな方におすすめ

・結婚や出産など、最近暮らし方が変化する出来事があった
・ライフプランに合わせて住まいを変えていきたい
・家を建てたいけど、資金面で不安がある
・そもそもリノベーションとは何なのか知りたい!

リノベーションとリフォームの違い

・リフォーム
リフォームは実は和製英語。英語の「reform」は建築物には使用しませんが、「修正する」「改革する」という意味があります。この「reform」から、日本では「老朽化した建築物を改修して新築の状態に戻すこと」を「リフォーム」と呼ぶようになりました。リフォームの例として挙げられるのは以下の通り。

例)・キッチン、浴室など住宅設備の取り換え
  ・はがれたり汚れたりした床や壁の張り替え
  ・外装の塗り替え

このように、部分的な改修工事がほとんどのようです。

・リノベーション
「リノベーション」は、リフォームよりも大規模な工事を行ない、既存の建物に新たな機能や価値を付け加えることです。住まい手のライフステージの変化に合わせて間取りを変更したり、キッチンの機能性を高めたりすることなどが挙げられます。

リフォームが建物の状態をマイナスからゼロ(新築時)に戻すのに対して、リノベーションはゼロ(新築時)の状態に∔αで機能を加えて価値を高めること。それぞれ用途が異なるため、どちらの方が良いとは一概には言えません。自宅の中で刷新したい部分はあるか?直したいところはどこか?を総合的に考えて、リノベーションとリフォームのどちらが必要になるかを考えると良いでしょう。

リノベーションのメリットは?

①設計の自由度が高い
リノベーションは住まい手の暮らしに合わせて住宅の仕様を自由に変更することができます。新たな趣味を楽しめるように、収納を充実させた趣味のお部屋をつくったり、子どもの成長に合わせて新たに子ども部屋を設けたり。ライフスタイルの変化によって起こる住まいの不便は、リノベーションによって大きく改善できます。

住宅の間取りや設備などの仕様の変更に合わせてデザイン面でも、アメリカンテイストやナチュラルテイストなど、住まい手の好みに合わせて変更することができるので、かなり暮らしだけではなく好みに合わせた家づくりをすることができます。

②物件の選択肢が多い
物件を選ぶ際に、人気の高い新築物件だけではなく中古の物件も選択肢に加わるため、好きなエリアや周辺環境から見つけやすくなるでしょう。中古物件や築古物件(築約25年~30年の物件)でも、リノベーションをすれば新築と同じくらいか、それ以上の快適な暮らしを手に入れることができる可能性が大いにあります。

③物件の資産価値が下がりにくい
マンションの購入を検討する際、将来の転売の可能性を考えて、より資産価値が高い物件が良いと考えている方が多いのではないでしょうか?ライフスタイルの変化によって住まいを変えるという考え方は自然なことになりつつあります。そのため、長い目で見たときに住み替えを意識して物件を探す人が増えていると考えられます。

一般的に新築マンションは購入後すぐの価格の下落率が大きいのですが、築20~25年程で資産価値が安定する傾向にあります。このように築20年以上が経過している中古マンションでも、リノベーションをすることで室内の劣化度合いを少なく抑えられることに加えて、外観が劣化していても室内が綺麗であれば良いという人も多くいて需要が高いため、資産価値を維持しやすいといえます。

リノベーションの注意点!

①耐久性に注意
リノベーションの対象となる物件は主に中古物件や築古物件。これらの物件は、新築と比べて設備や資材の劣化によって耐久性が低下しているケースが多くあります。もちろん、リノベーションで設備や資材を交換することで耐久性を高めたり、その後の定期的なメンテナンスによって長く住める住まいの実現は可能です。しかし、それでも心配…という方は、依頼する工務店や専門の業者と一緒に物件選びをすると安心です!

KOMOREBINOOKでは、物件探しからお手伝いをさせていただいております。長年家づくりに携わってきた工務店の視点から、お客様にぴったりの物件をご提案させていただきますので、是非お気軽にご相談ください。

②ローンに注意
リノベーションで使用できるローンはリフォームローンと住宅ローンの2つ。リフォームローンはその名の通り、リフォーム専用のローンで、自宅をリノベーションする場合や、中古物件を購入してリノベーションする場合に使用できます。こちらは、住宅ローンと比べて金利が高い傾向にあります。

住宅ローンは新築住宅を建てたり購入したりする際に仮入れるローンのことです。リフォームローンに比べて借入期間が長く金利が低いのが特徴で、住宅の物件費用と合わせてリノベーション費用も借り入れることができるものもあります。

住宅ローンの方が金利が低いと言えど、審査の厳しさなどを総合的に考えるとどちらにもメリット・デメリットがあり、何が自分に一番適しているのか?悩んでしまいますよね。KOMOREBINOOKでは「お客様が思い描くライフスタイル」をもとにした、ローンや資金調達方法などの資金計画や、火災保険などの各種損害保険のご相談を承っております。物件探しからワンストップでサポートしている私たちだからこそ実現できるサポート体制で、お客様のライフプランニングをお手伝いします!

KOMOREBIリノベーションの事例紹介

最後に、KOMOREBINOOKが手掛けた中古マンションリノベーションの事例をご紹介します!リノベーション前の状態もお見せするので、リノベーション後の変化をお楽しみください^^

Living Dining(BEFORE)

Living Dining(AFTER)

こちらは反対側!

壁の一部に栂の板材を貼り、木材の質感をそのままに塗装しました。また、自然な石の素材感を出すことができるテラゾータイルをキッチンカウンターに使用。他にも、ヘリンボーン張りをしたフロアーや琉球畳を使用した和室など、様々な素材の表情を楽しむことができる空間に仕上がりました。

Entrance(BEFORE)

Entrance(AFTER)

エントランスには鮮やかなブルーのモザイクタイルを使用しました!壁の一部にこのようなタイルを使用するだけでぐっとおしゃれ度が増し、帰ってくるのが楽しみになりそうです^^
エントランスを抜けると、木材をヘリンボーン張りしたフロアーの廊下が続きます。

Kitchen(AFTER)

キッチンはグレーとホワイトのカラーでまとめ、一角だけ使用したタイルがアクセントとなっています。リビングダイニングとつながるオープンな設計が嬉しいですね^^

こちらの事例はyoutubeでルームツアーを公開しています!ほかのお部屋も見たいという方は以下のボタンをクリック!

おわりに

今回は「リノベーション」をテーマにお届けしました!新築住宅を建てようか、中古物件を購入してリノベーションするか、はたまた今住んでいる家をリノベーションするか、自分の理想の暮らしを手に入れるために何が適しているのか悩んでいる方も多いと思います。今回の記事が少しでも参考になれば幸いです!

KOMOREBINOOKのリノベーションは、お客様の「思い描くライフスタイル」をお伺いし、お客様一人一人に合ったワンストップのサポートを行なっています。物件のこと、資金計画のこと、そして設計デザインから施工のこと・・・家づくりにかかわることで気になることは何でもお気軽にご相談ください!

Facebookpinterestinstagram