工務店とハウスメーカーの違いって?

こんにちは!KOMOREBI Houseの木村です。

注文住宅を建てる時にいきなりぶつかる壁が、ハウスメーカーと工務店どちらで建てるのがいいのだろう?という悩みではないでしょうか?今回はこのお悩みを解消するべく、ハウスメーカーと工務店の違いについて説明していきます。それぞれにメリットやデメリットがあるのでよく比較し、我が家にはどちらが合うのかを考えてみましょう!

大枠の違い

ハウスメーカーとは

独自のブランドを全国展開していて、対応エリアが広いのが特徴です。一定のブランド力を持つことが多く、信頼度が高いといえます。

工務店とは

対象エリアを限定して地域密着で施工しているところが多いのが特徴です。会社の規模は様々で、社長と職人で構成される昔ながらの小さな工務店の他にも、規模が大きく着工棟数の多い工務店、フランチャイズ加盟店の工務店などがあります。

項目別!工務店とハウスメーカーの特徴

費用やコスト面

ハウスメーカーはCMなどでもよく見かけるように、ブランド力維持のために多額の宣伝広告費をかけている場合があります。また、大規模であればあるほど人件費や運営費もかさみます。そこに使う費用も住宅建設の費用に含まれるので、工務店などに比べると割高になる可能性があります。

間取り等プランの自由度

プランの自由度は工務店の方が高いといえます。ハウスメーカーと家づくりを進める場合、規格化された間取り・設備・デザインなどから選択し、自分の理想により近いプランに仕上げていく方法が一般的。一方で工務店は、間取り・設備・デザインを個別に話し合い、一からプランを作成していくフルオーダーハウスが一般的です。そのため、「趣味を楽しみたい」「こどもの成長に合わせた間取りにしたい」など、より自分自身のライフスタイルに合ったプランを実現しやすいといえます。

工期

工期については、ハウスメーカーの方が短く済む可能性が高いと言えます。事前にプランを用意しているハウスメーカーでは建築資材の加工から施工までの流れがシステム化されているケースが多く、効率的に家づくりを進めることができるためです。

KOMOREBI Houseでは一からプランを作成するフルオーダーハウスとは別に、事前に用意されたプランから選択していただく規格住宅も取り扱っています。お客様が考える家づくりのスケジュールに合った方法をお選びください^^

施行の精度

ハウスメーカーは建築部材や資材やその調達方法が規格化されているため、品質を一定に保ちやすいという特徴があります。ただ、ハウスメーカーにおいても実際の施工は工務店に任せるケースが多く、施工の精度については担当する工務店によるため、ハウスメーカーと工務店のどちらを選ぶかの軸としてはあまり参考にならないかもしれません。

結局どっちがいいの?

KOMOREBI Houseは地域の工務店としてやらせていただいていますが、だからといって工務店が絶対おすすめ!とも言い切れません。ハウスメーカー、工務店それぞれの良いところがあるため、お客様が何を重視するのか?で最適な選択をしていただきたいと思います。

ハウスメーカーがおススメの方

プラン作成や資材調達、施工などあらゆるプロセスがシステム化されており、安定感のあるクオリティが期待できるハウスメーカーは、安心感を特に重視する方におすすめ。また、入居時期を絶対守りたいという方は、工期が短い傾向にあるハウスメーカーが良いと言えます。

工務店がおススメの方

工務店は、こだわりの家をゼロから作りたい方におすすめ。住宅プランや仕様の自由度が高く、ハウスメーカーではできないプランも工務店なら聞き入れてくれることも。住宅に強いこだわりがあり、それなりの知識を持っている方にはぴったりです。柔軟に対応してくれる分工期は長くなってしまうケースもありますが、入居時期をあまり気にしないという方は是非検討してみてください。

まとめ

今回は、ハウスメーカーと工務店の違いについて解説しました!KOMROEBI Houseでは、お客様とゼロからプランを決めていく注文住宅の他に、事前に用意されたプランからより理想に近いものをお選びいただく規格住宅のお取り扱いもあります。入居時期や理想の家のイメージと照らし合わせながら、お客様に最適な方法で家づくりをしていただきたいと思います。

工務店を選んだはいいけど、注文住宅にするか規格住宅にするかで悩む…という方は、是非一度無料の個別相談会にお越しください!それではまた次回の記事でお会いしましょう。

       
KOMOREBI BRAND
店舗・オフィス内装