KOMOREBINOOKの名バイプレイヤー松本

KOMOREBINOOKの名バイプレイヤー松本インタビュー

みなさまこんにちは!KOMOREBINOOKの赤坂です。
今日は設計士でもあり、施工にも携わっている松本のご紹介をしていきたいと思います。

ーどういった経緯で建築業界を目指そうと思ったのですか?

松本:実は小学生の頃から大工さんとかこの業界を目指してて。なのでフリーターをした時期とかはありましたが、それも建築(デザイン?)の専門学校に行くためのお金を貯める目的でしたので、そういう意味では建築関係以外の仕事をしたことはないですし、しようと思ったこともないですね。

ー小学生の頃からとはまたすごいですね。しかもブレずに。それほどハマるきっかけは何かあったのですか?

松本:物作りが元々好きで木の板を買ってきて作ったりするのが好きでした。設計というより大工さんのように実際に作る人を目指してて。実は父親がクロス職人だったのでその仕事を小さい頃から見ていたというのも大きな要因かもしれません。

ーどういうものを作りたいとかあるんですか?

松本:今まで個人の住宅から店舗まで幅広くやってきましたが、個人的にはカフェとか美容院とかおしゃれな店舗をやりたいという思いはあります。

内装にはチークの古材、オーク材を使い、ナチュラル感を出したデザイン

▲松本が設計から施工まで手掛けたKunitachi Pasta Factory

ー確かにそういう方が色々やりたいことできそうですね。

松本:小さい頃から遊びに行ったり旅行に行ったりした時でも、建築物をどういう作りになってるんだろう、素材は何を使ってるんだろうとよく観察してきましたし、今も勉強し続けているので、提案する場面は多々あります。
ただ私はデザイナーであっても、ただ自分の好きを押し付けたり好きなことをするだけのアーティストじゃない。あくまでもお客様の要望ありきの提案です。
一方でただ言われたことだけをやるというのも違って、いかにお客様のやりたいこと、要望を聞いた上でそれをかなえる提案ができるかというのが重要なことだと思っています。

ーその仕事の考え方は松本さん個人のスタイルですか?それともKOMOREBINOOKのものですか?

松本:私のスタイルですが、それを自由にやっていいというのはKOMOREBINOOKの考え方ですね。
今までいくつか設計事務所など建築関連の会社で仕事をしてきましたが、ここ(KOMOREBINOOK)は個人個人の仕事のやり方やもちろん、新規事業含めやりたいという想いを尊重してくれます。
もちろんやるからにはやり遂げる責任がありますが、ただやれと言われたことをやっているのではなく、自分の意思でやっていることなのでやりがいはあります。

ーそれは代表の比留間さんのお考えですか?

松本:そうですね。元々この会社に入ろうと思ったのは、自分の作りたいものと共通するものを感じて入社しました。
実際そうだったのもそうですが、それに加えてやりがいのある仕事ができている充実感もあり、気づけばもう5年目に入っていましたね。

▲オフィスではサンダルを履いてリラックスモード

ー他にKOMOREBINOOKの特徴はどんなところにありますか?

松本:ゆるい(笑)
というか、器が大きいというか、だからみんなついてきてるんじゃないかなと思います。
面白いことやいろんなことに挑戦しようという雰囲気があり、それに対して入社歴が浅い人も若い人も意見を言うし、それに対して年上の人も新しい発想を柔軟に取り入れようと話を聞く姿勢があります。
保守的な人が多いこの業界において、新しいことを始める、変わることを良しとしている面白い会社ではあります。
また、大きい会社だとデザインも施工も細かく作業が分割されてしまい、一人の人間が拘れる領域はわずかしかない。建築というものに関わるなら、デザインから施工まで全体に関わりたい。そういう意味でもここでの仕事に満足しています。

ー今個人的に取り組んでいることとかあるんですか?

松本:今ということではないんですが常に新しい素材を見つけようとはしています。デザインも素材の組み合わせになるので流行りやトレンドなど素材に対しての知識はいつまでも取り入れ続け、深めていきたいと思っています。
あとデザインについては空間的な美しさへのこだわりはもちろん、そこで働く人たちのことを想像して見た目の美しさだけでなく使い勝手の良さやちょっとしたストレスをなくすなどのこだわりはあります。働く環境がいいと気持ちがいいですし、いい仕事ができますからね。

▲こちらも松本が設計&施工を担当した日本文書。店舗からオフィスまで多岐に渡ってKOMODEBINOOKの世界観を表現できるのが松本流。

ーあと最後に1年後こうしたい、こうなっていたいとかありますか?

松本:ダイエットします!(笑)
新しい人が入ってきても対応できる仕組みは作っていきたいと思っています。組織として受け入れていく姿勢や雰囲気はありますが、精度の面などまだまだ足りない部分は多いです。
あとはやはり当たり前ですが前年比での売り上げアップ!会社の中である程度責任あるポジションでもありますし、個人的な仕事の成果だけでなく会社としての数字責任にも向き合っていかなければいけないので。

ーなるほど。頼りにしています!今日はお忙しい中お時間いただきありがとうございました。

今回お話うかがった松本さんは、見た目寡黙で厳しそうな印象でしたが、お話を聞くとすごく丁寧にわかりやすく話してくれる頼れるアニキタイプの人でした。

次回社員インタビューもお楽しみに。

Facebookpinterestinstagram